梅棹忠夫(1920年6月13日-2010年7月3日)是一名日本生态学家,民族学家。国立民族学博物馆名誉教授,综合研究大学学院名誉教授,京都大学名誉教授。理学博士(京都大学,1996年)。

著作

  • 1956年モゴール族探検记’(岩波新书
  • 1957年 “文明の生态史観序说”(‘中央公论’に掲载)
  • 1960年 ‘日本探検’(中央公论社→ 讲谈社学术文库 ISBN 4-06-292254-1)
  • 1962年 ‘日本人の知恵’(共著)(中央公论社 のち中公文库)
  • 1964年 ‘东南アジア纪行’(中央公论社、のち中公文库 全2巻)
  • 1965年 ‘サバンナの记录’(朝日新闻社 のち朝日选书 ISBN 4-02-259154-4)
  • 1967年文明の生态史観’(中央公论社→ 中公文库 ISBN 4-12-203037-4 ほか)
    • ‘人间にとって科学とはなにか’ (汤川秀树共著 中公新书→ 中公クラシックス ISBN 4-12-160130-0)
  • 1969年 ‘知的生产の技术’(岩波新书 ISBN 4-00-415093-0)
  • 1970年 ‘现代の冒険1 砂漠と密林を越えて’(责任编集 文艺春秋)
  • 1974年 ‘地球时代の日本人’(讲演集 中央公论社 のち中公文库)
  • 1975年 ‘民族学博物馆’ (讲谈社)
  • 1976年
    • ‘狩猟と游牧の世界 自然社会の进化’(讲谈社学术文库 ISBN 4-06-158024-8)
    • ‘山岳 森林 生态学 今西锦司博士古稀记念论文集’(共著、中央公论社)
    • ‘历史と文明の探求’(共著、2册组、中央公论社)
  • 1977年 ‘生态学入门’(吉良竜夫と共著、讲谈社学术文库)
  • 1978年
    • ‘民博诞生 馆长対谈’ (中公新书)
    • ‘地球时代の人类学’ (対谈集 中央公论社、のち中公文库 全2巻)
  • 1980年
    • ‘人类学周游’(筑摩书房 ISBN 4-48-085159-3)
    • ‘博物馆の世界’ 馆长対谈 中公新书
  • 1981年
    • ‘わたしの生きがい论 人生に目的があるか’(讲谈社、のち讲谈社文库)
    • ‘博物馆と美术馆 馆长対谈’ (中公新书)
    • ‘美意识と神さま’(中央公论社→ 中公文库 ISBN 4-12-001061-9)
  • 1983年 ‘博物馆と情报 馆长対谈’ (中公新书)
  • 1985年
    • ‘行动する国际人たち’ 対谈集 讲谈社
    • ‘文化の秘境をさぐる’ 対谈集 讲谈社
  • 1986年 ‘日本とは何か-近代日本文明の形成と発展’(NHKブックス ISBN 4-14-001500-4)
  • 1987年
    • ‘日本人のこころ-文化未来学への试み’(朝日选书 ISBN 4-02-259115-3)
    • ‘梅棹忠夫の京都案内’(角川选书→ 角川ソフィア文库 ISBN 4-04-376401-4)
    • ‘博物馆长の十年 国立民族学博物馆の记录’ 平凡社
    • ‘メディアとしての博物馆’ 平凡社
    • ‘京都の精神’(角川选书→ 角川ソフィア文库 ISBN 4-04-376402-2)
    • ‘日本三都论-东京・大阪・京都’(角川选书 ISBN 4-04-703182-8)
    • ‘メディアとしての博物馆’(平凡社 ISBN 4-58-273805-2)
    • ‘あすの日本语のために’(くもん选书 ISBN 4-87-576395-6)
    • ‘中国の少数民族を语る’ 対谈集 筑摩书房
  • 1988年
    • ‘日本语と日本文明’(くもん选书 ISBN 4-87576-411-1)
    • ‘情报の文明学’(中公丛书→ 中公文库 ISBN 4-12-203398-5)
    • ‘日本语と事务革命’(くもん选书→ 讲谈社学术文库 ISBN 4-06-292338-6)
    • ‘女と文明’(中公丛书 ISBN 4-12-001745-1)
  • 1989年
    • ‘情报论ノート’(中公丛书 ISBN 4-12-001778-8)
    • ‘情报の家政学’(ドメス出版→ 中公文库 ISBN 4-12-203668-2)
    • ‘研究経営论’(岩波书店 ISBN 4-00-000611-8)
    • ‘二十一世纪の人类像をさぐる’(讲谈社 ISBN 4-06-204411-0)
    • ‘夜はまだあけぬか’(讲谈社→ 讲谈社文库 ISBN 4-06-185857-2)
    • ‘梅棹忠夫著作集’(全22巻、中央公论社→ 1993年に完结)
  • 1990年 ‘情报管理论’(岩波书店 ISBN 4-00-002675-5)
  • 1991年
    • ‘二十一世纪の人类像-民族问题を考える’(讲谈社学术文库 ISBN 4-06-158986-5)
    • ‘回想のモンゴル’(中公文库・改版 ISBN 4-12-205523-7)
  • 1992年
    • ‘実践・世界言语纪行’(岩波新书 ISBN 4-00-430205-6)
    • ‘里返しの自伝’(讲谈社→ 中公文库 ISBN 4-12-205475-3)
  • 1997年
    • ‘行为と妄想-私の履历书’(日本経済新闻社→ 中公文库 ISBN 4-12-204006-X)
    • ‘世界史とわたし-文明を旅する’(NHKブックス ISBN 4-14-001800-3)
  • 2000年 ‘近代世界における日本文明 - 比较文明学序说’(中央公论新社 ISBN 4-12-003027-X)
  • 2001年 ‘文明の生态史観はいま’(编著)(中公丛书 ISBN 4-12-003119-5)
  • 2004年 ‘日本语の将来 -ローマ字表记で国际化を’(编著)(NHKブックス ISBN 4-14-091001-1)
  • 2005年 ‘日本文明77の键’(编著)(文春新书 ISBN 4-16-660435-X)
  • 2007年9月 読売新闻“时代の证言者”连载
  • 2008年10月 ‘地球时代の文明学 - シリーズ 文明学の挑戦’(监修)(京都通信社 ISBN 4-90-347330-9)
  • 2009年7月‘山をたのしむ’(山と溪谷社→ ヤマケイ文库 ISBN 4-635-04784-9)

评论・评伝

  • インタビュー集‘梅棹忠夫语る’(闻き手小山修三、日経プレミアシリーズ新书:日本経済新闻出版社、2010年9月)、※没后出版は以下。
  • ‘梅棹忠夫のことば’(小长谷有纪编、河出书房新社、2011年2月)、“知的生产”を轴に精选解说。
  • ‘梅棹忠夫―地球时代の知の巨人’(梦ムック:河出书房新社、2011年4月)、巻末に著作目录
  • ‘ひらめきをのがさない! 梅棹忠夫、世界の歩き方’(小长谷有纪・佐藤吉文编、勉诚出版、2011年5月)
  • 伊藤干治柳田国男と梅棹忠夫 自前の学问を求めて’(岩波书店、2011年5月)
  • 蓝野裕之 ‘梅棹忠夫 未知への限りない情热’(山と溪谷社、2011年9月)、ロング・インタビューによる评伝。
  • 小长谷有纪 ‘ウメサオタダオと出会う 文明学者・梅棹忠夫入门’(小学馆、2011年12月)、小著
  • ‘梅棹忠夫の“人类の未来” 暗黒のかなたの光明’(小长谷有纪编、勉诚出版、2012年1月)
  • 山本纪夫 ‘梅棹忠夫―“知の探検家”の思想と生涯’(中公新书、2012年11月)
  • 季刊志‘考える人 -追悼特集梅棹忠夫“文明”を探検したひと”’新潮社、(2011年7月発行)


外部链接

  • 京都市名誉市民:梅棹忠夫氏
  • 国立民族学博物馆名誉教授、初代馆长:梅棹忠夫