小林道彦(1956年)是一名日本历史学者、政治学者,目前担任北九州市立大学教授。专门研究日本政治外交史。

出身于埼玉县熊谷市,1988年中央大学大学院文学研究科博士后期课程単位取得满期退学,2000年博士(法学、京都大学)。以‘政党内阁の崩壊と満州事変’取得平成21年度吉田茂奖

著书

单著

  • ‘日本の大陆政策 1895-1914――桂太郎と后藤新平’(南窗社、1996年)
  • ‘桂太郎――予が生命は政治である’(〈ミネルヴァ日本评伝选ミネルヴァ书房、2006年)
  • ‘政党内阁の崩壊と満州事変――1918~1932’(ミネルヴァ书房、2010年)
  • ‘児玉源太郎――そこから旅顺港は见えるか’(〈ミネルヴァ日本评伝选〉 ミネルヴァ书房、2012年)
  • ‘大正政変――国家経営构想の分裂’(千仓书房 2015年、上记‘日本の大陆政策’を大幅に増补の上、改题・新装したもの)

共编著

  • 中西宽)‘历史の桎梏を超えて――20世纪日中関系への新视点’(千仓书房、2010年)
  • 黒泽文贵)‘日本政治史のなかの陆海军――军政优位体制の形成と崩壊1868~1945’(ミネルヴァ书房、2013年)

论文

※后に単著に収录されたものは除く

单行本所収论文

  • “帝国国防方针の补修と日本陆军”(北九州大学法学部‘北九州大学开学五十周年记念论文集’、1997年)
  • “大陆政策と人口问题――1918年~31年”(伊藤之雄、川田稔编著‘环太平洋の国际秩序の模索と日本――第一次世界大戦后から五五年体制成立’山川出版社、1999年)
  • “政党政治と満州事変”(伊藤之雄川田稔编著‘20世纪日本と东アジアの形成 1867~2006’ミネルヴァ书房、2007年) 

雑志论文

  • “世界大戦と大陆政策の変容――1914~16年”(‘历史学研究’第657号、1994年) 
  • “明治军事史研究の课题と可能性”(‘国际安全保障’通号142、2008年)
  • “三月事件と十月事件”(‘基盘教育センター纪要’(7)、2010年)
  • “神风连の乱 ある“待罪书”をめぐって”(‘北九州市立大学法政论集’38巻1・2号、2010年)
  • “日露戦争から大正政変へ――1901~1913”(‘近代日本研究’(29)、2012年)

刊行史料